FC2ブログ
 
Back On Track

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体力の衰え

金曜日(昨日)の朝のこと。

いつものように暗闇の中家を出て会社に向かう。
そしていつもの朝一番の電車に乗る。
この電車一応「急行」という名が付いていて、途中いくつか
駅をすっ飛ばして走ってくれる。

どれくらい経ってからだろうか・・・駅もないところで電車が止まった。
# クルマ雑誌なんかを黙々と読んでいた為、いまいちどこだか把握できていない
普段乗っている電車は始発なので、この電車の前を走る電車は当然ない(はず)
よって前の電車が遅れていて信号が変わるまで停車、とかそういうのは
ありえないわけです。なのに突然停車。


そしてしばらくすると車掌がしゃべる
「3号車でお客様が倒れたので緊急停車しました」

一瞬「えっ!?」って思ったけど、その直後に「何もないところで突然止まらないで、
さっさと駅に連れて行かないとどうしようもないんじゃない?」と思い直した。
そしてその3号車とやらが、実は隣の車両だったということに、周りの客の
キョロキョロする姿(と見ている方向)で気づく。
確かにオジサンっぽい人が倒れていて、何となく人だかりができている。

そして車掌が来るのかと思いきや・・・電車が少しずつ動き始める。

ある程度スピードが出てきたところで再び車掌
「急病のお客様を降ろすため○○駅に臨時停車します」
そう、ここで初めて自分が乗ってる電車が急行だという実感がわく。

そして駅に到着すると、おそらくこの急行の後に来るであろう普通列車を
待つ人々が、「おぃおぃ、どういうことだ?」みたいな顔をしながら
ドアの前に集まってくる。

が、ドアは開かず、車掌が車内を走ってくる。
# 以外とでかい人が車掌なんだなぁ・・・
# ↑
# 大きさ関係ない
そして普段は急行が止まらないような駅なので、駅にいる職員もアタフタ。
一人が最寄のドアまで駆け寄り、そして別の職員に何かを指示し、
そしてその人が担架を持って走ってくる。

そしてしばらくすると、一つのドアだけが手動で開けられ、倒れた人が
降ろされ、また手動でドアが閉められる。

その直後、車掌がバタバタと電車の最後尾まで走って行った。

で、偶然ではあるものの、途中の通過駅に止まったついでにその駅にいた人たちを
乗せるのかと思ったら・・・
いきなり電車が動き始めた(笑)

え・・・乗せてあげないんだ・・・

ま、本来乗る電車じゃないし、別にいいのかなぁ・・・(?)

そして再び車掌
「急病人を降ろしたため電車が遅れて・・・」というお詫びが入る。
# 急病なんだから仕方ないし、臨時停車したのも(ほぼ)みんな知ってるし、
# 新たに人が乗ってきたわけじゃないので、余計な説明はいらないと思う・・・
が、続いて、「この電車は現在6分遅れで運行している」と。

ん~微妙だ。

何が微妙って、自分の乗換えが。

乗り換えの駅まではまだ時間がある。そして普段はたっぷり余裕がある乗り換え
なのだが・・・その時間、約6分。

そして自分の中で一つの条件ができる。乗り換えのときに、6分遅れだったら、
潔く次の電車にしよう。と。

で、乗り換えの駅に到着。この間、いつもより相当スピードが速く、停車もやや急、
発車までの時間も短く、そして出足もやや急な感じで頑張ったらしく、遅れは
4分に。

う~ん、微妙だ。ますます微妙。
いつものペースで歩けば間違いなく乗り換えに間に合わない。
その次の電車までまた結構待ち時間がある。
それに乗ると会社に着くのも遅れ(って言っても遅刻するわけではないし、誰よりも
早い出社であることは変わらない)・・・

で、下した結論。

とりあえず頑張ってみるか。

というわけで、走りました。
ブーツに、重いフライトジャケット(B3)、ノートパソコンが入ったバックパック。決して走るのに最適とは言えないような格好で。

改札を出て、階段を下り、200メートル弱(?)通路をダッシュ!そして再び改札を入り、さらに100メートルくらい別の路線のホームを走り、エスカレーターを上がり、階段を二つ上がって50メートルくらい歩くと・・・乗り換えのホーム。

最後の階段を上がっている最中にいつも乗っている電車がホームに入ってきたのが分かり・・・焦る・・・が、足がこれ以上早くは走れないと訴えている・・・

というわけで・・・

ギリギリ間に合いました。

が・・・

い、息が・・・

普段乗っている車両まで車内を移動するのですが、足が重いし、息は苦しいし・・・

座ってからもしばらくゼーゼーしてました。

昔はちょっと走るくらい何の問題もなかった(つもりだった)のに・・・確実に体力が衰えているようです・・・かと言って何をするわけでもないのですが・・・


本日(じゃないけど)の教訓:自分の体力を知った上で乗り換えプランを決定するべきだ(った)。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

そうだね~

最近、本気で走ったことってないよね・・・(特にこっちにいるとね)

きっと、すぐじゃなくて、何日か後に筋肉痛になるのかな?!(笑)

とりあえず、乗れてよかったね!だって、本気で走って乗れなかったら、走ったエネルギー返せ~て思うもん。
[2008/02/03 04:51] URL | じゅじゅママ #kOs1PRX2 [ 編集 ]
筋肉痛なんかにはならないさー

多分・・・

(なっても黙ってようっと)

走って乗れなかったときのことは・・・考えてませんでした。
同じゼーゼーするのでも電車の中とホームでは大違いだもんね。
(ちなみにいつも同じ駅で乗換えをするオバサン(推定50代後半)は最初一緒に走ってたものの、多分間に合ってません。かわいそうに・・・)
[2008/02/03 12:41] URL | けん #5FGbsKtY [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ken

Author:Ken
日々仕事に追われ、本当の自分がやりたかったことが何なのかを探すのが真の目的。でも実際は日常のどうでもいいことをダラダラと書いてしまうかも?
いつか自分がやりたかったことにたどり着けばいいな~というかなり適当な Back on Track 再スタート。

= 主な登場人物 =
管理人:Ken - 都内某所にて何となく仕事を頑張っている。趣味は?と聞かれれば「バイク」と答えるところだが、現在子育てとの両立の困難に直面中?そのほか、インチキサンデープログラマーになることも目指し、なおかつデジカメで遊ぶのも好き。そして実家に置いてきているネコのことも気になってる。クルマの運転も好き。

管理人妻:JOJO - 専業主婦であり、ライダーでもある。(要するに夫婦共々バイク乗り)

管理人子:S姫 - 現在4才。

管理人子:R姫 - 現在1才。もうすぐ2才

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。