FC2ブログ
 
Back On Track

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代償

先週末のこと。

お友だちのお嬢さんのピアノの発表会があるということで、JOJOとS姫と共に演奏を聴きに行くことになった。

実はこの発表会の会場は以前このお友だち夫妻とも、JOJOとも一緒に働いていた会社の近く。そしてその会社の近くのオープンカフェ(?)でランチをしようということに。

まぁ、週末のランチタイムですから、お店は混んでいたのですが・・・

待つことしばし。やっと通されたのは、一番道路側のテラス席。完全な二人席に無理やり子供用のハイチェアを並べてもらって早速オーダー。最初にパンが出てきてそれを食べ始まった頃、隣の席の客が入れ替わった。

新たに来たのはサングラスをかけ、「俺ってかっこいいだろう」感を無理やり出そうと頑張っているお兄ちゃんにおそらく彼女と思われる女性。彼らが席に着くとまもなく店員がやってきて「失礼ですが、あちらのお車はお客様のですか?」ときいている。店員が指差した方に自然に目が行き、そこには思いっきり交差点の停止線付近に停まっているピカピカのクルマが。

そうするとこのお兄ちゃん「あぁ、そうだよ」と。おいおいほとんど交差点みたいなところに自分のクルマ止めてその態度はなんだよ・・・と思っていたら

店員:「このお店の近辺にコインパーキングがあるのでそちらに止めてください。この道路は駐車禁止ですから」とまともなことを言う

兄ちゃん:「駐車場どこもいっぱいだったんだよ」

えぇ~~それはウソだろうよ。なぜならさっき我々がその道を歩いて店まで来たときはガラガラだった上、その後もそんなに交通量なかったぞ・・・とまぁ、誰が聞いても中学生レベルの間抜けな受け答え。店員さんは引き続き何箇所もあるので移動をするように伝えている。


とそのとき・・・


外国人夫妻+子供が3台の自転車で週末の昼のサイクリング。子供はヘルメットもかぶって、補助輪付きの自転車で頑張って走行中、この交差点にさしかかる。先行していたパパがクルマが来ないことを確認し、交差点を左折。それを見た子供も自然と視線が左前方に移動し、どんんどん左によって行き・・・


ズズズズズズッーとハンドルか何かが例のクルマのドアにあたり、止まってしまった。後ろから来た母親にハンドルを右に切ってもらい出発しようとした瞬間・・・青ざめた表情の兄ちゃんが店のオープンテラスから飛び出し、彼らを制止。


そこでなにやらもめごと開始。どうみても子供がゆっくりこぐ自転車が接触したくらい、全く傷にならず、指でこすったらOK、せいぜいコンパウンドワックスか何かでちょちょいと磨けば傷なんて分からない、そういうレベルなのに、この兄ちゃんやたらと怒る。が、日本語があまり分からないお母さんは強気そのもの。そして日本語が話せる旦那が間に入る。


ちなみにこのもめごと、店中全員が注目。あちこちで「クルマが止まってる場所が悪い」という声が日本語でも英語でも(外国人が多くいらっしゃるお店です)聞こえてくる。そして個人的にも絶対クルマ側の問題なのに・・・ボロクソに言ってやりたいところだが、当事者の彼女がS姫をはさんで斜め奥にいるので品評会もできやしない・・・


結局たいした金額にならないことが分かっている旦那が、兄ちゃんにクルマをディーラーに持って行かせ、見積もりを彼に送ることで決着。(←丸聞こえ)


それにしてもこの兄ちゃん、彼女の前だからなのか、普段からそうなのか、肝っ玉がちっちぇえ。どうしようもないガキだ。議論の最中に指でこすったらほとんど傷なんて分からないんじゃない?お店で食事を終えた客も、皆このクルマを近くで眺め、傷があった場所を触って帰る(興味津々)。絵的にはそうとう面白かった。


そして話に決着がついた彼は、クルマをコインパーキングに止めに行く。しかもかなり早く戻ってきたところを見ると、一番近くのコインパーキングが空いていたんだろう・・・下手なウソをつくからこういうことになるんだよ!店員さんに最初に言われたときにすぐに席を立っていたら、こんなことにはならなかったんだよ!


先週の教訓:ガキレベルの下手な言い訳には代償がある。


ちなみに、ピアノの発表会はみんな頑張って演奏ができて、見ている側もとても楽しい時間が過ごせました~


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ken

Author:Ken
日々仕事に追われ、本当の自分がやりたかったことが何なのかを探すのが真の目的。でも実際は日常のどうでもいいことをダラダラと書いてしまうかも?
いつか自分がやりたかったことにたどり着けばいいな~というかなり適当な Back on Track 再スタート。

= 主な登場人物 =
管理人:Ken - 都内某所にて何となく仕事を頑張っている。趣味は?と聞かれれば「バイク」と答えるところだが、現在子育てとの両立の困難に直面中?そのほか、インチキサンデープログラマーになることも目指し、なおかつデジカメで遊ぶのも好き。そして実家に置いてきているネコのことも気になってる。クルマの運転も好き。

管理人妻:JOJO - 専業主婦であり、ライダーでもある。(要するに夫婦共々バイク乗り)

管理人子:S姫 - 現在4才。

管理人子:R姫 - 現在1才。もうすぐ2才

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。